名古屋市で太陽光発電が一番発電するのは何月?

太陽光発電を導入するのなら、
太陽光発電でどれくらい発電できるものなのだろうということです。
名古屋市で、6kWhほどの太陽光発電システムを導入しているお宅に聞いてみました。
それによると一年間で一番発電した月は7月で803kWhだったそうです。
10月もかなり発電できていて634kWhほど発電できたそうです。
イメージ的には発電できるのは真夏なのではないかと思っていましたが、
イメージとは違い夏真っ盛りの8月ではなく7月が発電できるというのは意外です。
確か、太陽光発電はあまり気温が高いと発電効率が落ちるそうですから、
8月はあまり気温が高すぎて発電できなかったのかもしれません。
そうすると名古屋市の夏は暑いし発電できないといいところがなさそうです。
もっとも、晴れの日が多いおかげで、7月も9月、10月もたくさん発電できているので文句は言えないと言っていました。
家庭の電気の使用状況や気象状況にもよるでしょうが、年間で考えると思ったより売電できそうだということです。
いまの買取価格はプレミア価格だと言われています。
これだけ高い価格で買取をしてもらえるのは、そう長くないのではないかという方もいるくらいです。
そのプレミア価格のうちに契約してしまえば、その後10年間は固定買取になるのですから今のうちだという感じがします。
そのお宅では、晴れの日が多いので冬もどんどん発電しているそうです。
どれくらい売電できるか楽しみだというのですから本当にうらやましい話です。