クーリングオフを覚えておきましょう

万が一、悪徳業者に引っかかってしまったら、クーリングオフを利用しましょう。
太陽光発電にもクーリングオフが使えます。
訪問販売員の押しに負けて契約したけれど、解約したいって思った場合は、契約書類を受け取った日から8日以内にクーリングオフをしましょう。
この期間を過ぎるとクーリングオフができなくなってしまいます。
どうやってクーリングオフをするのかというと、内容証明郵便でクーリングオフの書類を発送しましょう。
内容証明郵便で確実に相手に届けることができます。
書類を送ることが必要なので、電話などでクーリングオフはできません。
自分でクーリングオフをしようとすると、業者のほうにはぐらかされてしまうことも少なくないようです。
はがきで書類を送ったとしたら、はがきを処分されてしまうということだって考えられます。
また、何かと理由を付けてクーリングオフを阻止しようとしてくることもあるでしょう。
キャンペーン価格なのでクーリングオフ対応外だって言われることもあるでしょうし、すでに工事に取り掛かっているから無理だって言われたりすることもあるかもしれません。
素人がクーリングオフをしようとしても、業者に丸め込まれてしまう可能性は十分にあります。
確実にクーリングオフをするためには、クーリングオフ代行業者に依頼するほうがいいでしょう。
プロが行いますから、業者もうまくはぐらかせないはずです。
訪問販売で契約したけれど、解約したいって思ったら、なるべく早めにクーリングオフ代行業者に連絡してください。
契約書類を受け取ってから8日を過ぎればお金は戻ってきません。
クーリングオフ代行業者を調べてみてください。
いくつも見つけることができるでしょう。
最近は、太陽光発電でクーリングオフをしたいっていう人が多くなっていますから、太陽光発電に関することを掲載している代行業者のホームページも多いんです。
実績のある代行業者に頼んでみてはいかがでしょうか。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>