愛知県の補助制度

太陽光は、クリーンで再生可能なエネルギーとして注目されています。
その利用法として太陽光を利用した温水器や太陽光発電が普及しつつあります。
特に太陽光発電は、二酸化炭素を排出しないので地球温暖化の防止に役立つほか、最近の原子力発電所の稼働停止に伴う電力不足にも役立つとして、国を挙げた普及が進められています。
そこで、家庭用太陽光発電システムの導入に対しては、国が補助金を出して、設置費用を軽減する政策も行っています。
また、自治体においても補助金制度を設けて、太陽光発電を普及させることで地球温暖化の防止を図るところもあります。
愛知県でも、住民による家庭用太陽光発電システムの設置に対して、申請による補助金制度を設けています。
その予算枠としては、平成24年度の場合8125件を予定しており、多くの家庭における太陽光発電システムの普及を図っています。
愛知県は、日照時間が比較的長く、日中の発電量も見込めることから、今後補助金制度を利用して太陽光発電システムを設置する家庭は増えていくものと思われます。