太陽光発電のデメリットとは何か

再生可能エネルギーですし、メリットばかりではないかって思われがちな太陽光発電ですが、デメリットもいくつか考えられます。
どんなデメリットがあるのかを事前に知っておくことで、デメリットを回避することだってできるかもしれません。
一番のデメリットは、設置するときにかかる費用でしょう。
これがネックになってしまい、あまり太陽光発電が普及していないといっても過言ではありません。
補助金が支給されるようにはなりましたが、補助金の支給を終えている自治体もかなり多いんです。
太陽光発電は、設置費用が高いけれども補助金があるって思っている人が多いとは思いますが、必ずしもたくさん補助金がもらえるとも限りません。
よく調べておかないと、補助金をもらい損ねるということもあるでしょう。
最近は、かなりソーラーパネル事態の価格も下がってきていますが、それでも高くて厳しいという人が多いんじゃないでしょうか。
また、太陽光発電といえば、太陽光が必要です。
天気が悪いと発電をほとんどしないので、天気がいい日ならいいのですが、雨が降ったり曇ったりすると電力会社から電気を今まで通り買わなくてはなりません。
また、自分の家の周りに高い建物があったりすると、日陰になってしまい、発電量がガクンと減ってしまいます。
ソーラーパネルにちょっとでもが入ったりすれば、それだけで発電量が減ってしまうんです。
リフォームでソーラーパネルを設置するときは特に気を付けたほうがいいというのが、雨漏りなんです。
新築でも起こることがあるようですが、近年、ソーラーパネルを設置した後に雨漏りがするという報告が多くなっています。
施工ミスで起こることがほとんどですので、保証してもらうことができるはずですが、中には応じてもらえないメーカーもあるようです。
悪徳業者に引っかかってしまうと修繕してもらえないこともあります。
これらのデメリットがあるということをに入れておいてから太陽光発電を導入しましょう。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>