名古屋市で見た蓄電システムを利用した太陽光発電。

先日名古屋市で見た友人宅の太陽光発電を見てびっくりしてしまいました。
蓄電システムと太陽光発電を利用して自宅の電気料を安くしているまたはゼロにしようとしているのです。
私はびっくりしてしまいました太陽光発電の一つの欠点は蓄電できないことだと思っていたからです。
したがって発電できる日中は自宅の電力としても使えるし売電もできると言うメリットばかり考えていましたが、
友人宅を見るとちゃんと蓄電もできるのです。
しかしながらその価格はかなり高額で補助金もあるのですが100万円が上限です。
補助金がなければ300万円くらいなのでしょうか、
太陽光発電の設置費も加えたら優に400万円は超えてしまいます。
名古屋市の太陽光発電の補助金は1kw当たり4000円と他に比べたら少ないようにも思います。
しかし愛知県の日照量は大変優秀で、
名古屋市での太陽光発電は発電量に関しては文句のつけようがありません。
その発電した電力をためておいて夜に使えば理論上自宅の電気料はゼロになります。
そしてそれ以上に発電したら電気を電力会社に売ればいいのです。
リチウムイオン蓄電池と言ってこの蓄電装置を使えば災害時や夜間に電力を使うことができます。
蓄電すると言うことは自然環境から行って太陽光発電に適している日照時間が長くて年間の平均気温が一定以下である地域であればどこでも蓄電は可能です。
いつの日かもっとコストを下げて蓄電池が大量生産できればコストを下げることができると思います。
そうなった場合の太陽光発電はもっと価値あるものになると言えます。